1. ホーム
  2. がん種別治療モデルカレンダー

がん種別治療モデルカレンダー

BCC代表 乳腺腫瘍学講座教授 齊藤光江先生

coming soon.....

  • 乳がん ※近日更新予定
  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 肺がん
  • 卵巣がん
  • その他

がんの治療法は日進月歩です。医療者には治療選択の拠りどころとなる診療ガイドラインがありますが、次の改訂を待たずに、既に新しい治療薬の幾つかが承認されます。個人個人の患者さんが、全体としてどのような治療を実施する必要があり、また選択するのか、あるいは複数の治療の組み合わせを行う必要があるのか、それらの治療にはどれくらいの身体的、社会心理的なコストを伴うのかなど、医療者と患者がシェアする情報は、個人個人固有のものとなります。
主治医、薬剤師、看護師とともに、ここにお示しする治療カレンダー(サンプル)を作成することをお勧めします。
主治医は腫瘍外科医であったり腫瘍内科医であったりするでしょうが、その主治医との話し合いで治療方法を決定し、手術は外科医(多くは腫瘍外科医、時に形成外科医)と、放射線は放射線科医と、薬物療法は主治医や薬剤師(できればがん薬物療法認定薬剤師や癌薬物療法に詳しい薬剤師)と、そのスケジュールを組んでみましょう。カレンダーは、その過程で作成していきます。次に起こりうる副作用を主治医、看護師(できればがん専門看護師やがん治療に詳しい看護師)や薬剤師とともに書き込んでいきます。このカレンダーは、必要に応じて家族や職場の上司と共有し、治療中の生活が、治療と社会での役割(仕事や家庭生活)をバランス良く両立できるようにするためのものとなります。最初にざっくり作成し、その後実際に経験するに従って、自分に見合ったものに作り込んでいきます。よって、職場とは、最初のカレンダーを共有する際に、固有のものに改変される可能性もお話しておきましょう。

※当ウェブサイトが掲載するすべての情報(文字、写真、動画、イラスト等)とコンテンツ及びツールは著作権の対象となっており、著作権法及び国際条約により保護されています。無断で転用・転載・データ配信・改変することを固く禁じます。

学校法人 順天堂 | プライバシーポリシー

@ 順天堂発・がん治療と就労の両立支援ガイド
-Cancer and Work-

JUNTENDO All Rights Reserved.

ページの先頭へ戻る